MENU
 LexisNexis®     LexisNexis®

セミナー名

NEW!(緊急開催)改正著作権法の解説と実務への影響

概要

第196回通常国会で著作権法の一部を改正する法律案が可決・成立しました。
本改正は、いわゆる「柔軟な権利制限規定」を柱とする過去最大規模のものとなっており、実務に与える影響も大きなものと考えられます。

 

特に「柔軟な権利制限規定」は、平成24年改正や平成21年改正等で導入されたインターネット/デジタル対応の権利制限規定の多くを整理するものであるため、過去の改正の十分な知識なくして正確な理解は困難です。

 

本セミナーでは、かつて文化庁著作権課に出向し、平成24年改正、平成21年改正の立法作業を担当するとともに、「柔軟な権利制限規定」の基礎となったワーキングチームや作業部会のメンバーを務めた講師が、改正内容や実務への影響につき、詳しく解説します。

 

<プログラム>
1.平成30年改正著作権法
(1)柔軟な権利制限規定
  ・新30条の4(著作物に表現された思想又は感情の享受を目的としない利用)
  ・新47条の4(電子計算機における著作物の利用に付随する利用等)
  ・新47条の5(電子計算機による情報処理及びその結果の提供に付随する軽微利用等)
  ・その他関連規定
(2)その他
  ・教育の情報化に対応した権利制限規定の整備(新35条)
  ・情報者の障害アクセス機会の充実に係る権利制限規定の整備(新37条3項)
  ・アーカイブの利活用促進に関する権利制限規定の整備(新47条、新67条等)

 

2.その他法律による著作権法の改正
 (1)学校教育法の改正に伴う著作権法改正
 (2)TPP11に伴う著作権法改正
   ・保護期間延長
   ・一部非親告罪化
   ・アクセスコントロール回避規制
   ・配信音源の二次使用に対する報酬請求権
   ・損害賠償規定の見直し

開催日

2018年07月03日(火)

開催時間

10:00~12:00 (受付開始9:40~)

会場名

トスラブ山王健保会館 (2階会議室)

会場所在地

〒 107-0052
東京都港区赤坂2丁目5−6 トスラブ山王健保会館

 

【アクセス】
※地下鉄銀座線・南北線 「溜池山王駅」 10番出口より 徒歩3分
※地下鉄千代田線 「赤坂駅」 2番出口より 徒歩5分
※地下鉄銀座線・丸ノ内線 「赤坂見附駅」 10番出口より 徒歩7分

講師名

池村 聡氏(森・濱田松本法律事務所 オブ・カウンセル弁護士)

99年早稲田大学法学部卒業、01年弁護士登録(第二東京弁護士会)、09年~12年6月文化庁著作権課出向。文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会「新たな時代のニーズに的確に対応した制度等の整備に関するワーキングチーム」、同「著作権法における権利制限規定の柔軟性が及ぼす効果と影響等に関する作業部会」各委員。「著作権法コンメンタール別冊平成21年改正解説」(勁草書房)、「著作権法コンメンタール別冊平成24年改正解説」(共著、勁草書房)、「はじめての著作権法」(日経文庫)等多数の著書がある。

受講料

10,000+税
※参加費は事前に銀行振込にてお支払ください。
※お振込み先情報は受講票メールにてお知らせいたします。
※振込手数料はお客様のご負担にてお願い申し上げます。

定員(名)

50名

参加条件

※同業者・競業する方と判断した場合等主催者都合によりお申込みをお断りする場合がございます。
※お申込みの際にメールに記載いただいた個人情報につきましては、主催者からの各種ご案内等に使用させて頂きます。
※セミナー内容は予告なく変更となる可能性があります。予めご了承ください。
※カメラ⁄ビデオ⁄テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。

主催・協力

主催

レクシスネクシス・ジャパン株式会社 / ビジネスロー・ジャーナル

問い合わせ先

レクシスネクシス・ジャパン株式会社
ビジネスロー・ジャーナル  広告・出版部セミナー担当
Email: seminar@lexisnexis.co.jp

RSS Google+ Twitter Facebook

  
 


ページトップ