MENU
 LexisNexis®     LexisNexis®

セミナー名

【大好評につき(再)追加開催】M&A実務担当者養成講座(全4回)
~ 課題ワークを通じて現場で役立つノウハウを習得 ~

概要

※こちらの講演は「M&A実務担当者養成講座(全4回)~ 課題ワークを通じて現場で役立つノウハウを習得 ~」と同内容の追加開催です※

 

近年海外M&A、国内M&Aともに、その件数は増加の一途を辿っており、規模も大型案件からベンチャー企業の買収などまでバリエーションに富んだものになっています。他方で、企業の皆様からはM&A実務の担当者の不足が深刻化しており、ノウハウもなかなか上手く蓄積できていないという声が多く聞かれます。
今回の「M&A実務担当者養成講座」では、実際にM&A実務を担当することができる体系的かつ実務的な能力をつけていただくため、対象を少人数に絞った合計4回の講義において、M&Aを中心に執務しM&A関連のセミナー経験も豊富な講師とインタラクティブにコミュニケーションを行っていただきながら、M&Aの流れ、デュー・ディリジェンス、M&A契約、PMI等の体系的な解説はもちろんですが、社内事業部門との連携、アドバイザーの上手な使い方、ノウハウの蓄積方法などの通常のM&Aセミナーでは言及されない実務において重要なポイントとなる点を含めて、丁寧に解説いたします。また、第2回のM&A契約の解説を踏まえて受講者の皆様には実際にM&A契約のマークアップの課題に取り組んでいただき、実際に手を動かしたものの採点・講評を通じて、実践的にノウハウを習得していただきます。

 

※ 第3回を除いて、各回毎の受講も可能です。
 (第3回は第1、2回で行った課題の解説となりますので、第1、2回と併せてご受講ください。)

 

 

第1回   2019年1月15日(火)  14:00-17:30(13:30受付開始)

 

・M&Aの一連の流れの理解
・基本合意書の解説
・M&A契約での対応を見据えたデュー・ディリジェンスの実践

 

M&Aの流れを概観した後に、時系列に沿ってM&Aを実務上どのように動かしていくかを学びます。まず、案件の選定の段階から、フィナンシャル・アドバイザーとの付き合い方、社内でのM&Aチームの組成・事業部門との連携、法律事務所の選定(海外M&Aにおける海外事務所の選定を含みます)について検討いたします。その後、基本合意書(MOU)を締結すべき場合、締結する場合のドラフティング上の注意点、各種バリエーションについて解説いたします。デュー・ディリジェンスについては、その具体的な進め方や一般的な注意点に加え、業種や案件のタイプに応じた注意点を解説しつつ、M&A契約での対応を見据えてどのようにデュー・ディリジェンスに取り組むべきか、法律事務所をどう上手く使うべきか、事業部門とどのように連携すべきかなどについて、検討いたします。

 

 

 

第2回   2019年1月22日(火)  14:00-17:30(13:30受付開始)

 

・M&A契約の理解 ~交渉ポイントを見定めながら~
・M&A契約の交渉方法
・契約書マークアップの課題説明

 

M&A契約を経験された方であっても、その立体的枠組みとしての体系への理解が十分ではないと思われる方も多くいらっしゃると思います。M&A契約を体系立って理解いただくとともに、実際の交渉ではどのような点がポイントになるか、どのような交渉のバリエーションがあるか、また、交渉全体をどのように進めていくべきかを総合的に解説いたします。
そして、次回への課題としてM&A契約のマークアップをしてきていただきますので、サンプル事例を解説するとともに、マークアップいただくM&A契約のドラフトをお渡しいたします(講師への提出期限は2月8日(金)です。)。

 

 

 

第3回   2019年2月25日(月)  14:00-17:30(13:30受付開始)

 

・M&A契約書マークアップの課題解説
・マークアップ例の講評

 

皆様のマークアップについて講師が採点をしてお返しするとともに、本事例においてはどのようなポイントをどのように考慮し契約に反映すべきであったかについて解説をいたします。また、重要ポイント毎にいくつかの例を挙げつつ、考え方のよかった点・改善すべき点を検討していきたいと思います。

 

 

 

第4回   2019年3月6日(水)  14:00-17:30(13:30受付開始)

 

・PMI(Post Merger Integration)の進め方、買収会社管理の方法
・PMIを見据えたデュー・ディリジェンス・契約交渉における留意点
・事業部門との連携、アドバイザーの利用方法

 

M&Aはクロージングから始まる、とも言われているように、M&Aを成功に導く上でPMIが極めて重要であることは言うまでもありません。クロージング後に買収した会社をどのように統合していくか、管理していくかを検討していくとともに、その前段階であるデュー・ディリジェンスや契約交渉において留意し実践しておくべき事項を解説いたします。PMIにおいて欠かせないM&Aチームから事業部門への移行や、PMIに関するアドバイザーの利用法も解説いたします。

 

開催日

2019年01月15日(火)
2019年01月22日(火)
2019年02月25日(月)
2019年03月06日(水)

開催時間

14:00~17:30 (13:30 受付開始)

会場名

アンダーソン・毛利・友常法律事務所 会議室

会場所在地

〒 108-8136
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング20階(総合受付)

 

【アクセス】

・ 東京メトロ 東西線・千代田線・半蔵門線・丸ノ内線、都営地下鉄三田線「大手町駅」C6a出口直結
・ JR、東京メトロ 丸ノ内線「東京駅」地下道にてアクセス可能

 

講師名

龍野 滋幹 氏(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー 弁護士)

2000年東京大学法学部卒業。2002年弁護士登録、アンダーソン・毛利・友常法律事務所入所。2007年米国ニューヨーク大学ロースクール卒業(LL.M.)、2008年ニューヨーク州弁護士登録、2007年~2008年フランス・パリのHerbert Smith法律事務所にて執務。
2014年から東京大学大学院薬学系研究科・薬学部「ヒトを対象とする研究倫理審査委員会」審査委員。2017年度東京医科歯科大学外部事業評価委員。M&A、ジョイント・ベンチャー、ファンド組成・投資その他の企業法務全般を取扱っている。

受講料

全4回セット 100,000円(税別)
各回毎 30,000円(税別)

<お申込者の皆様>
事前のお申し込みが必要となります。
参加費は事前に銀行振込にてお支払ください。
お振込み先情報は受講票メールにてお知らせいたします。
参加費の振込手数料はお客様のご負担にてお願いします。

※ 同業他社・競合する企業と判断した場合は、お申込みをお断りする場合がございます。あらかじめご了承下さい。

定員(名)

15

参加対象

法務部・M&A担当者の方など

主催・協力

アンダーソン・毛利・友常法律事務所 / レクシスネクシス・ジャパン株式会社

問い合わせ先

レクシスネクシス・ジャパン株式会社
ビジネスロー・ジャーナル  広告・出版部セミナー担当
Email: seminar@lexisnexis.co.jp

RSS Google+ Twitter Facebook

  
 


ページトップ