MENU
 LexisNexis®     LexisNexis®

セミナー名

New! サイバーセキュリティマネジメントの法律実務
~有事に備えるグローバルリスク管理~

概要

近年、世界各国でサイバー攻撃被害や社内不祥事による情報漏えい事案が相次ぎ、多数の企業が対応に追われています。サイバーセキュリティの脅威が事業に与える影響は年々深刻化し、IT部門による技術的対策のみならず、経営・法務の関与によるリスクマネジメントが必須となっています。

 

ところが、個人情報保護法やGDPRへの対応は進めているものの、サイバーセキュリティについては、経営・法務においてどこまでの対策を講じておくべきか思案しているとの声も聞きます。サイバー攻撃等による被害が現実の危機である昨今の状況においては、有事に備え、リスクシナリオに基づく具体的対策を準備することが、経営責任の観点からも重要です。

 

本セミナーでは、近時のサイバーセキュリティの概況や実例をベースに、企業に求められるサイバーセキュリティの水準を示しつつ、経営・法務として海外からのサイバー攻撃や社内の不祥事に対してどのような法的対策を講ずるかについて、平時における情報セキュリティ関連規程・SNS利用に関する諸規程等の策定方法、外部委託先との契約実務、有事を想定した社内文書の残し方、有事における危機管理対応等の具体的方法を提示いたします。

 

 

<プログラム>

 

1. 近時のサイバーセキュリティの概況

 

 

2. サイバーセキュリティインシデントの実例分析

 

  (1) 海外事例

 

  (2) 国内事例

 

 

3. 各国のサイバーセキュリティ関連法令

 

  (1) 米国(カリフォルニア州消費者プライバシー法など)

 

  (2) 欧州(EU一般データ保護規則、eプライバシー規則など)

 

  (3) 中国(中華人民共和国網絡安全法など)

 

  (4) ASEAN(タイ・ベトナムを中心に)

 

  (5) 日本(個人情報保護法、改正不正競争防止法における限定提供データなど)

 

 

4. 企業に求められるサイバーセキュリティの水準

 

  (1) 各種裁判例の分析

 

  (2) 各種ガイドラインの分析

 

 

5. 企業が履践すべきサイバーセキュリティの法律実務

 

  (1) 準拠性評価とリスクアセスメントの手法

 

  (2) 各種規程作成の法的留意点

 

  (3) 外部委託先との契約実務

 

  (4) インシデント対応の実務

 

開催日

2019年03月25日(月)

開催時間

14:00~16:30 (受付開始 13:30~)

会場名

トスラブ山王健保会館 (2階会議室)

会場所在地

〒 107-0052
東京都港区赤坂2丁目5−6 トスラブ山王健保会館

 

【アクセス】
※地下鉄銀座線・南北線 「溜池山王駅」 10番出口より 徒歩3分
※地下鉄千代田線 「赤坂駅」 2番出口より 徒歩5分
※地下鉄銀座線・丸ノ内線 「赤坂見附駅」 10番出口より 徒歩7分

 

講師名

寺門 峻佑 氏 (TMI総合法律事務所 弁護士 / ニューヨーク州弁護士 / 情報処理安全確保支援士 / 情報セキュリティ監査人補)

 

07年一橋大学法学部卒業、09年一橋大学法科大学院卒業、10年弁護士登録。17年UCLA School of Law修了(LL.M.)。2017年8月からロサンゼルスのQuinn Emanuel Urquhart & Sullivan, LLPにて国際紛争案件に従事、2018年1月からサンフランシスコのWikimedia Foundation, Inc.法務部にてデータ保護・ドメイン保護・著作権の法務に従事、2018年7月からエストニアのSORAINEN法律事務所のテクノロジーセクターにて勤務。サイバーセキュリティ体制実装支援・不祥事対応、データ保護・ドメイン保護・ライセンシング・著作権を中心としたIT法務、システム関連の契約・紛争、その他国際訴訟・仲裁案件を主に取扱う。

受講料

18,000円(税別)

参加費は事前に銀行振込にてお支払ください。

お振込み先情報は受講票メールにてお知らせいたします。

参加費の振込み手数料はお客様のご負担にてお願いします。

定員(名)

30

参加条件

※ご参加いただくにはWEBより事前の申し込みが必要です。当日受付で受講票と名刺を頂戴します。 ※同業者・競合する方と判断した場合等、主催者都合によりお申込みをお断りする場合がございます。 ※申し込みの際にご提供いただいた情報は、主催者からの案内等に使用させて頂きます。 ※セミナー内容は予告なく変更となる可能性があります。予めご了承ください。 ※カメラ⁄ビデオ⁄テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。 ※お申し込み時に入力いただいたご登録情報は、主催、後援企業(団体)、講師からの新商品・サービスに関する情報のお知らせのために利用する場合があります。

主催・協力

レクシスネクシス・ジャパン株式会社 / ビジネスロー・ジャーナル

問い合わせ先

レクシスネクシス・ジャパン株式会社
ビジネスロー・ジャーナル  広告・出版部セミナー担当
Email: seminar@lexisnexis.co.jp

RSS Google+ Twitter Facebook

  
 


ページトップ