MENU
 LexisNexis®     LexisNexis®

セミナー名

全4回 ライセンス契約基礎ゼミナール(入門・初級編)
~国際取引を担当する方のための、英文契約書ドラフティング・交渉準備応援セミナー~

概要

4回のシリーズとなっている本セミナーでは、国際ビジネス経験豊富な講師が、ライセンス契約の基礎(秘密保持契約、ライセンス契約、エンターテインメント契約、等)について、入門者・初級者のために、分りやすく丁寧に解説します。テキストとして、講師著書『知的財産・著作権のライセンス契約』(3,900円+税)を使用します。大学のゼミナールのように、講義の合間にお気軽にご質問いただくことが可能です。

 

 

■第1回 5月22日(水) 14:00~17:00<※終了>

 

 1.秘密保持契約(NDA)、トレードシークレット・ライセンス契約の基本①

国際契約の担当者が、初めて英文契約を扱う際に大切にすべき基本事項

 

 2.秘密保持契約(NDA)、トレードシークレット・ライセンス契約の基本②

締結目的は何か/基本的な構成と用語と表現/契約の期間と終了等の基本表現

 

 3.秘密保持契約(NDA)、トレードシークレット・ライセンス契約の基本③

契約上の権利・義務の表現/契約上の権利を表す表現と読み方/開示するトレードシークレットに関する保証問題(NDAとトレードシークレット契約上の規定の相違)

 

 4.秘密保持契約(NDA)、秘密情報開示の基本

用語と表現/開示範囲に関連し、子会社(subsidiary)・関連会社(affiliates)を表す表現と読み方/開示をうける者からの秘密保持誓約書の取り方/トレードシークレットと特許権、特許権の終了

 

 5.トレードシークレットの開示方法と関連契約条項

技術指導契約と条項/ロイヤルティーの決め方と支払方法/独占的なライセンス許諾と非独占的な許諾/ミニマムロイヤルティーの規定の仕方/契約譲渡制限/契約解除問題

 

■第2回 6月5日(水) 14:00~17:00

 

 6.著作権ライセンス契約①

基本的な構成と基本条項/著作権の成立・保護の特色/種類と共通の基本条項/ロイヤルティーの決め方と問題/許諾製品の引き渡しと電子取引化/プログラムのライセンス

 

 7.著作権ライセンス契約②

侵害行為の差し止め(injunction)/仮差し止め/ロイヤルティーの支払期限の到来に関する表現/ロイヤルティーの支払金額の計算基準と証拠としての帳簿作成

 

 8.著作権ライセンス契約③

許諾製品の著作権の帰属/著作物に関する品質保証/著作物に関する権利の保証/著作物に関する適合性の保証/著作権侵害をめぐる問題と対応

 

 9.著作権ライセンス契約④

実施と責任を規定する条項の表現と読み方/義務各条項の読み方/一般条項/損害賠償額上限の制限の表現(ライセンス契約ではどうか?損害賠償額の制限と公序良俗違反)/最優遇顧客条項の表現

 

■第3回 6月19日(水) 14:00~17:00

 

10. 商標ライセンス契約ドラフティング①

商標ライセンスの契約書の基本条項と書き方・読み方の基本知識/商標ライセンス契約の定義条項/商標ライセンス契約の使用許諾条項/商標ライセンスとテリトリーの意味と問題点

 

11. 商標ライセンス契約のドラフティング②

商標・品質保証とその制限条項/ロイヤルティー条項/使用許諾期間条項とその更新ならびに注意事項/ミニマムロイヤルティー条項の規定交渉上の注意事項/下請けによる生産に関する条項と注意事項/契約譲渡制限条項/当事者による協議解決条項ならびに仲裁・裁判条項のドラフティングとその交渉決着にあたっての基本的な考え方/知的財産条項/特殊条項の紹介と対処の心構え

 

12. 商標ライセンス契約のドラフティング③

第三者からの侵害主張への対処/第三者の侵害に対する対処の仕方(侵害排除、使用禁止要求の仕方。警告レターを含む)/損害賠償の制限条項と問題点

 

13. 商標ライセンス契約のドラフティング以外の注意事項

検討にあたって大切なポイント/商標ライセンスに関連して発生する第三者からの主張をめぐる問題と対処方法~リサイタル条項、表明・保証条項の活用/商標ライセンス契約における商標法と不正競争防止法の活用と限界

 

■第4回 7月3日(水) 14:00~17:00

 

14.エンターテインメント契約の種類と特色

① テーマパークのフランチャイズ契約

② 映画作品輸出ライセンス(Distributorship Agreement)

③ テレビ番組・映像製作物(ビデオ作品を含む)の輸出ビデオグラム(DVD)化ライセンス契約

④ エンドユーザー向け画像データ情報ライセンス契約 ⑤商品化契約(Merchandising Agreement)等

 

15.テーマパークのフランチャイズ契約

競合する事業のライセンスを受けることを制限する条項/ライセンス許諾条項の規定の仕方/商標・ロゴ・マスコット、キャラクター等の商品化の許諾条項/コンサルティングサービスの提供/ライセンサーに対する使用料の支払(ロイヤルティー)とその売り上げ対象となる基礎/権利行使について互いに免責する条項/契約譲渡または制限条項/契約期間とその更新/契約解除

 

16.映画作品の輸出ライセンス契約

映画作品、許諾する権利と留保する権利の規定/許諾地域/契約期間の取り決め方/ライセンスの対価条項と注意事項/劇場上映、ビデオグラム(DVD)の売り上げ収入と受領金の分配方法/

Recoupable Expenses(控除可能費用)とは何か/テレビ放送権の販売と収入の分配/ホールドバック条項/劇場上映開始日(封切り日)とみなし封切り日/支払条項

 

17. 映像作品のDVD化許諾契約の基本条項

 

18.エンドユーザー向け画像データ(情報)ライセンス契約の基本条項

 

19.商品化契約の基本条項と契約交渉

 

開催日

2019年06月05日(水)
2019年06月19日(水)
2019年07月03日(水)

開催時間

14:00~17:00 (受付開始13:30~)

会場名

レクシスネクシス・ジャパン株式会社 4階セミナールーム

会場所在地

〒 106-0044
東京都港区東麻布1-9-15 東麻布1丁目ビル4階

 

【アクセス】
 ● 都営大江戸線「赤羽橋」駅より 徒歩6分
 ● 東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より 徒歩10分

 

<アクセス>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<地図>

 

講師名

山本孝夫(やまもと たかお)氏

 

略歴:京都大学法学部卒、ミシガン大学大学院(Law School)卒(LL.M.)、三井物産(株)法務部門(1966-1999)を経て、明治大学法学部専任教授(1999-2014)国際取引法、ゼミ、法律英語を担当。

 

兼任講師歴:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科(ビジネスと法)(1999-2003)、横浜国立大学大学院国際社会科学研究科(情報化社会と法政策)(1999-2003)、司法研修所(知的財産ライセンス)(1999-2000)、東北大学工学部(知的財産権入門)(1998-2013)、札幌大学大学院法学研究科(企業法研究)(1997-2011)、北海道大学経済学部(比較国際経済論、国際取引)(1994)、獨協大学法学部(国際取引法)(1993-2001)

 

講師主要著書:「著作権・知的財産権のライセンス契約」(2019年4月刊行予定・三省堂)、「英文ビジネス契約フォーム大辞典」(2019・日本経済新聞出版社)、「山本孝夫の英文契約ゼミナール」(2016・レクシスネクシス・ジャパン(初版)、2018・第一法規)、「英文ビジネス契約書大辞典(増補改定版)」(2014・日本経済新聞出版社)、「英文契約書の読み方」(2006・日本経済新聞出版社、日経文庫)、「英文契約書の書き方(第2版)」(2006・日本経済新聞出版社、日経文庫)以上、いずれも単著。「ベンチャー企業の経営と支援(新版)」(2001・共著、日本経済新聞社)

 

受講料

1回28,000円(税別・書籍付)、2回目以降25,000円(税別)

※受講費には書籍代(税込4,212円)が含まれています。
※複数回お申し込みの場合、書籍は初回のみお配りいたします。
※参加費は事前に銀行振込にてお支払ください。
(お振込み先情報は受講票メールにてお知らせいたします。参加費の振込み手数料はお客様のご負担にてお願いします。)
※全4回:83,000円(税別・書籍付)の申込受付は終了しました。

定員(名)

1回につき20名

※ 定員に達し次第申し込みを打ち切らせていただきます。

参加対象

秘密保持契約、ライセンス契約・エンターテインメント契約などの国際取引にこれから携わろうとする方、既に携わっている方(実際に国際取引に携わっていなくても、英文契約を真剣に学ぼうという意欲のある方は歓迎します。)

主催・協力

レクシスネクシス・ジャパン株式会社 / ビジネスロー・ジャーナル

問い合わせ先

レクシスネクシス・ジャパン株式会社
ビジネスロー・ジャーナル  広告・出版部セミナー担当
Email: seminar@lexisnexis.co.jp

RSS Google+ Twitter Facebook

  
 


ページトップ