MENU
 LexisNexis®     LexisNexis®

セミナー名

2020年1月に施行が迫るカリフォルニア州消費者プライバシー法の
影響範囲の確定と施行までの実務対応

概要

 カリフォルニア州消費者プライバシー法(CaCPA)は、個人情報の定義と域外適用のスコープが広く、かつ、クラスアクションによる多額の損害賠償リスクを伴うため、多くの日本企業にとってグループレベルでの対応が必須といえます。

 

 本セミナーでは、単に条文の内容を日本語にして伝えるだけではなく、日本企業が経験したGDPR対応・日本の個人情報保護法の下での態勢整備との差も意識しながら、ポイントを押さえる形でCaCPAの内容を説明した上で、今行うべきことと、今後の改正・規則策定を踏まえて行うべきこととを具体的に示し、CaCPAが施行される2020年1月までの具体的な作業手順を示します。

 

 また、CaCPAについては急いで策定された法律であるために、施行までの間にいくつかの論点で改正が見込まれていますが、それらの見通しについても可能な限りお話しします。他の州で進んでいるCaCPAを参考にした類似の法制度の導入に向けた検討状況と、連邦レベルでのプライバシー法制の導入の動きについても、その概要を説明する予定です。

 

<プログラム>

 

1 本社・グループ企業への影響範囲を知る

 

2 CaCPAの内容の解説

 

3 執行の強化、クラスアクションリスクへの対応

 

4 CaCPA対応に向けたTo Do

  ・CaCPAに準拠したPrivacy Notice、Privacy Policyの作成

  ・CaCPAを遵守するための態勢整備

  ・同意に基づくデータ共有の際の対応

  ・処理者との間のデータ処理契約の締結

  ・データ主体による権利行使への対応

 

5 CaCPA施行までの改正・規則策定を見据えた作業手順

 

6 他州の動き、連邦レベルでのプライバシー法制の概要

開催日

2019年08月01日(木)

開催時間

13:30~16:30 (受付開始 13:15~)

会場名

トスラブ山王健保会館 (2階会議室)

会場所在地

〒 106-6123
東京都港区赤坂2丁目5−6 トスラブ山王健保会館

 

【アクセス】
※地下鉄銀座線・南北線 「溜池山王駅」 10番出口より 徒歩3分
※地下鉄千代田線 「赤坂駅」 2番出口より 徒歩5分
※地下鉄銀座線・丸ノ内線 「赤坂見附駅」 10番出口より 徒歩7分

 

講師名

石川智也氏 西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士

西村あさひ法律事務所パートナー。2005年東京大学法学部第一類卒業、2006年弁護士登録(第一東京弁護士会)、2015年バージニア大学ロースクール卒業(LL.M.)、2016年マックス・プランク・イノベーション・競争法研究所併設のミュンヘン知的財産法センター修了(LL.M.)、同年Noerr法律事務所ミュンヘンオフィス(IP・メディア部門)出向。2017年米国ニューヨーク州弁護士登録。日本における知的財産法、営業秘密保護、個人情報保護法のほか、EUにおける知的財産制度・競争法、GDPRをはじめとするグローバルベースでのデータ規制について詳しい。

受講料

20,000円(税別)

・参加費は事前に銀行振込にてお支払ください。

・お振込み先情報は受講票メールにてお知らせいたします。

・参加費の振込み手数料はお客様のご負担にてお願いします。

定員(名)

40

主催・協力

主催

レクシスネクシス・ジャパン株式会社 / ビジネスロー・ジャーナル

問い合わせ先

レクシスネクシス・ジャパン株式会社
ビジネスロー・ジャーナル  広告・出版部セミナー担当
Email: seminar@lexisnexis.co.jp

RSS Google+ Twitter Facebook

  
 


ページトップ