MENU
 LexisNexis®     LexisNexis®

セミナー名

New!【参加無料】グローバルで勝ち抜くためのオンラインブランド保護戦略

概要

今年、ドメインハイジャックが世界中で増加し、アメリカ国土安全保障省、英国国家サイバーセキュリティセンター、そして日本のJPRSなど、世界各国の関連機関がその危険性を警告しています。

GDPR等個人情報保護強化の流れもあり、グローバル企業にとってドメインセキュリティそしてオンラインブランド保護の必要性が高まってきています。

 

この度、CSCが開催するセミナー“グローバルで勝ち抜くためのオンラインブランド保護戦略”はオンラインでのブランドをしっかり保護し、企業がオンラインプレゼンスを高めるための戦術と戦略を包括的に学べるセミナーとなっております。オンラインセキュリティ、ブランド保護に関する情報をお求めの法務・知財、セキュリティ担当者など必見のセミナーです。

 

<本セミナーを通じて学べること>
 ●ドメイン・DNS・SSL等、企業の“デジタル資産管理”の包括的な理解、ブランド保護にどう関連するか
 ●法務・知的財産の観点からのデジタル資産管理の重要性
 ●サイバースクワッティングがもたらす脅威、そしてそれがどうブランドに悪影響を及ぼすか
 ●ドメインからウェブサイト、マーケットプレイス上でのモニタリング、権利行使オプション
 ●グローバルにビジネスを展開する企業にとって最適なデジタル資産・ブランド保護ベンダーの選び方

 

<プログラム>
13:00~13:45
オンラインビジネスにおけるブランド保護戦略としてのドメイン管理
~UDPRの利活用とオンラインモニタリング~
寺門峻佑氏(TMI総合法律事務所 弁護士)

 

 ●ブランド保護戦略としてのドメイン管理
 ●法務・知的財産の観点からのドメイン管理の留意点
 ●ドメイン権利侵害、権利行使としてのUDPR

 

13:45~14:30
日本のグローバル企業によるオンラインブランド保護の取り組み
株式会社アシックス

ソフトバンクグループ株式会社

 

14:30~14:40 休憩

 

14:40~15:10

デジタル資産管理のご紹介
スチュワート・デュラハム(CSCデジタルブランドサービス コマーシャルダイレクター)

 

 ●デジタル資産とは、そしてその重要性
 ●杜撰なデジタル資産管理が招くリスクとは
 ●オンラインのサイバークライム脅威がどうデジタル資産に影響を与えるか

 

15:10~15:40
実例紹介 知的財産としてのデジタル資産管理、そしてその課題
アンジェラ・リ氏(阿里巴巴網絡有限公司(アリババ)Head Of Soft IP)

 

15:40~15:50 Q&A

 

15:50~16:00 ネットワーキング

 

CSC画像

開催日

2019年10月24日(木)

開催時間

13:00~16:00 (受付開始 12:30~)

会場名

フクラシア丸の内オアゾ(Hall B)

会場所在地

〒 100-0005
東京都千代田区丸の内1-6-5  丸の内北口ビルディング16F

 

【アクセス】

※丸の内オアゾ内直結の連絡扉で「丸の内北口ビル」へお入りください。
 JR「東京」駅 丸の内北口 目の前
 丸ノ内線東京駅直結 東西線大手町駅直結

※初めてご来場の方は、事前に会場アクセスをご確認いただくことをお勧めします。

https://www.fukuracia.jp/marunouchi/access/

講師名

寺門峻佑氏 (TMI総合法律事務所 弁護士・情報処理安全確保支援士)
2010年弁護士登録。内閣サイバーセキュリティセンタータスクフォース(サイバーセキュリティ関連法令の調査検討等)、経済産業省大臣官房臨時専門アドバイザー、防衛省陸上自衛隊通信学校非常勤講師。情報セキュリティ監査人補。情報セキュリティ管理体制実装支援やインシデント対応、UDRPを中心としたドメイン保護、各国データ保護法に関するアドバイス等を行う。

 

Stuart Durham(スチュワート・デュラハム)(CSCデジタルブランドサービス コマーシャルダイレクター)
コーポレートドメイン管理のリーディングカンパニーかつ影響力のあるプロバイダーであるCSCにおけるコマーシャルダイレクター。世界の著名ブランドのドメイン・DNS・SSL等のデジタル資産管理及びオンラインブランド保護戦略について20年以上の経験を持つ。

 

Ms.Angela Li(アンジェラ・リ氏)(阿里巴巴網絡有限公司(アリババ) Head Of Soft IP)
知的財産を専門として20年以上の経験を持つアリババの知的財産部門のトップ。2014年にアリババに参画して以降、香港や杭州、北京など10の知的財産チームを率い、グローバルにアリババの商標、ドメイン、著作権を管理、権利行使を行っている。2018年、2019年の“WTR 300: The World’s Leading Trademark Professionals”に選出。また、チームもWTRから“APACTeam of the Year Award”として評価されている。

受講料

無料

定員(名)

100名
※定員超過の場合は、恐縮ですが、1社につき1名様とさせて頂くととも に、抽選とさせて頂きます。

参加対象

企業法務、知的財産部、監査、経営企画、情報システム、サイバーセキュリティ、ブランド戦略・推進、管理部門の方

参加条件

※ご参加いただくにはWEBより事前の申し込みが必要です。当日受付で受講票と名刺を頂戴します。
※同業者・競合する方と判断した場合等、主催者都合によりお申込みをお断りする場合がございます。
※申し込みの際にご提供いただいた情報は、主催者からの案内等に使用させて頂きます。
※セミナー内容は予告なく変更となる可能性があります。予めご了承ください。
※カメラ⁄ビデオ⁄テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。

主催・協力

【共催】

CSC / レクシスネクシス・ジャパン株式会社

問い合わせ先

レクシスネクシス・ジャパン株式会社
ビジネスロー・ジャーナル  広告・出版部セミナー担当
Email: seminar@lexisnexis.co.jp

RSS Google+ Twitter Facebook

  
 


ページトップ