MENU
 LexisNexis®     LexisNexis®

セミナー名

New!ホーガン・ロヴェルズ 第7回ライフサイエンス・サミット
日本企業を取り巻くライフサイエンス産業における重要課題
(1) デジタルヘルス(2) 細胞療法および遺伝子治療 (3)クロスボーダー取引

概要

ホーガン・ロヴェルズでは、第7回「ライフサイエンス・サミット」を開催いたします。

今回も各国の弊事務所ライフサイエンス・チームから、各地域の最新情報、国際的な動向や日本企業の皆様にとって重要な問題を解説いたします。
   
講師はいずれも弊事務所の米国、欧州、中国、日本の各拠点で、M&A/コーポレート、FDA/EU規制、商事、デジタルヘルス、知的財産権分野を担当している弁護士です。
   
各講師の直近の経験、および複数の法域にまたがるプロジェクトに基づき、

日本企業の皆様に対して、新たに生ずる重要なリスク、課題および新たなチャンスの発見を実務的かつ戦略的な観点からサポートいたします。

 

 *セミナー言語:英語(日本語同時通訳あり)

*サミット後にはレセプションを開催いたします。

*同業の方からのお申込みに関しましてはご遠慮いただいております。大変申し訳ございませんがご了承ください。

 

 

 

<プログラム>
・デジタルヘルス:

   デザインおよび技術ソリューションにおけるデジタルヘルス製品の応用範囲は幅広く、モバイルアプリケーション、

   新しいウェアラブルセンサーから複雑な予測分析や高度なデジタル治療に至ります。

   今回の講演では、AIの開発状況、デジタルツールの治療への統合、提携のチャンス、およびコンプライアンスを

   検討します。

 

・細胞療法および遺伝子治療:

   細胞療法および遺伝子治療は、「最も有望な科学分野の一つ」と呼ばれ、病気を根本的原因から根治するという

   目標が実現されつつあります。

   今回の講演では、経済性と価格、独占性とライセンス、規制当局の承認プロセス、

   および上市に向けた問題を検討します。

 

・ライフサイエンスにおけるクロスボーダー取引:

   弊所の直近の国際的プロジェクト・複数の法域にまたがるプロジェクト関連の経験に基づき、米国、欧州、中国、

   日本のクロスボーダー案件・複数の法域にまたがるプロジェクトにおける戦略的アドバイスを提供いたします。

 

・地域およびグローバル市場における注目すべき動向:

   弊事務所の米国、欧州、中国、日本の各拠点で活躍するライフサイエンスチームが、

   日本企業に影響のある最新動向を紹介します。

 

 <お申し込みはこちらから>

 https://ehoganlovells.com/s/5fc32fd5c53fb2f4707ff729db2f77005d804d89

 

 

 

開催日

2019年10月30日(水)

開催時間

13:30~18:00 (13:00開場)
※サミット後にはレセプションを開催いたします。(~19:30)

会場名

ホーガン・ロヴェルズ法律事務所外国法共同事業

会場所在地

〒 105-0003
東京都千代田区霞が関 1-4-2 大同生命霞が関ビル17階

 

<アクセス>電車をご利用の場合

虎ノ門駅-銀座線9番出口より徒歩3分

霞ヶ関駅-千代田線、日比谷線、丸の内線C2番出口より徒歩5分

 

講師名

アダム・ゴールデン ニューヨーク事務所パートナー

トム・ブラシントン ロンドン事務所パートナー

ルッツ・アンゲラー博士 ミュンヘン事務所パートナー

ル・ジャウ 北京事務所パートナー

加本 亘 東京事務所パートナー

デビッド・フォックス ワシントンD.C.事務所パートナー

エリザベス・ライト ブリュッセル事務所パートナー

バート・ウースティング アムステルダム事務所パートナー

アンドレアス・フォン・ファルク デュッセルドルフ事務所パートナー

ケイティー・フェン 上海事務所代表パートナー

フレデリック・チェン博士 東京事務所パートナー

受講料

無料

参加条件

※事前のお申し込みが必要です。当日受付にてお名刺を頂戴します。
※講師と同業または競業と判断した場合は、お申込をお断りさせていただきます。
※セミナープログラム内容は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

主催・協力

主催:ホーガンロヴェルズ法律事務所外国法共同事業

問い合わせ先

ホーガンロヴェルズ 担当:若松・中島・市谷
Email:tokyoevent@hoganlovells.com
TEL :03-5157-8200

RSS Google+ Twitter Facebook


ページトップ